日本における尊きリンチェンドルジェ・リンポチェの『金剛経』開解、「施身法法会」主法は円満となった

2019 年 1 月 5 日年初に当たり、因縁殊勝なことに、京都道場は尊きリンチェンドルジェ・リンポチェの『金剛経』開解を受けることができた。この経は『大般若経』で最も重要な中心思想である。しかもリンポチェは弘法の開始以来、初めて『金剛経』を開解なさる。実は修証量により、深い禅定中からゆっくりと菩提道義を示してくださるのだ。実に感動的なことだ!

午後リンポチェは衆生の根器を観察し、仏道で成就できるよう、必要な仏法を授け、縁に従い、チベット密教八大成就法である「施身法」を主修なさり、有縁衆生を済度させ、参会者のために障礙門を取り除いてくださった。誰もが感激し感謝した!今回の法会は顕密具円であり、非常に貴重である!

参会者は城崎温泉寺の住持である小川祐章氏を含み、台湾、日本の信衆 19 人、弟子 122 人の計 141 人だった。みな一様に自らの幸運と有難さを感じた!


« 前へ – フォトギャラリーへ戻る 次へ »


2019 年 04 月 13 日 更新