寶吉祥仏法センターの弟子は信衆大徳に仏寺建設の募金を呼び掛ける時、信衆大徳に自ら善行を行って、寄付すべきです。寶吉祥仏法センターの弟子が自ら寄付金を受け取るという行為は一切許せません。若し違反すれば、全ての法律責任を負うべきです。ここに声明します。

お知らせ

寶吉祥仏法センター声明

拝啓

尊き金剛上師リンチェンドルジェ・リンポチェ及び本センターは本日より直貢噶舉派が全世界で主催する活動に参加しないことを声明します。

但し、尊き金剛上師リンチェンドルジェ・リンポチェは台湾及び世界各地での弘法活動は今まで通り主催なされます。

敬具

リンチェンドルジェ・リンポチェ
社団法人中華民国寶吉祥仏教文化交流協会

お知らせ
拝啓

(一) 月曜日から金曜日夜:共修法会
(二) 土曜日午後:尊き金剛上師リンチェンドルジェ・リンポチェは申し込みの信衆に接見される。
(お申し込みの方は、お電話でご連絡ください。お問い合わせ先TEL 頼 02-87803908)
(三) 日曜日午後:尊き金剛上師リンチェンドルジェ・リンポチェは共修法会を主法される。

敬具

寶吉祥仏法センター

2014 年 12 月 22 日 更新

寶吉祥仏法センター京都道場の開光十周年記念法会が円満に

2018年は直貢噶舉派寶吉祥仏法センター京都道場の開光十周年記念の年である。2008年尊勝なる直貢チェ・ツァン法王が開光大典を主法くださって以来、尊きリンチェンドルジェ・リンポチェは台湾と日本を奔走しながら力を尽くして正法を弘揚し、日本の信衆を率いて来られた。十年来、リンポチェは京都道場で何度も修法され、数度の火供を行われ、しかも『地蔵菩薩本願経』全体を円満に開解くださった。リンポチェが行われたことに、慈悲願力、衆生利益のためでないものは一つとしてなかった。今年5月12日、リンポチェはここで殊勝なる普巴金剛法会を主法なさり、末法時代の衆生が本尊の加持を受け、累世修行の障害を取り除けることを願った。 続きを読む »

2018 年 06 月 10 日 更新

リンチェンドルジェ・リンポチェはチェツァン法王の指示に従い、バングラデシュ聖地の訪問に随行

2018年3月5日リンチェンドルジェ・リンポチェは尊勝なるチェツァン法王の指示に従い、バングラデシュ( Bangladesh)ボグラ(Bogra)聖地の訪問に随行された。吉祥円満になった。 続きを読む »

2018 年 03 月 08 日 更新

尊き直貢チョンツァン法王から新春の祝福

2018年新春の初め、直貢噶舉教派第36代尊き直貢チョンツァン法王は、特に中国大陸よりリンチェンドルジェ・リンポチェへ挨拶の便りを送り、リンポチェのこれまで一心に弘法、教派を全力で護持された事に感謝されると共に、リンポチェが身体安康で、法喜が充満し、日々吉祥が訪れるよう、祝福された。
続きを読む »

2018 年 02 月 14 日 更新

リンチェンドルジェ・リンポチェ花蓮大地震に義援金を寄付

2018年2月6日深夜、台湾東部沖の沿岸にてマグニチュード6の大地震が発生、花蓮では最大震度7を観測し、市内に大きな被害を被った。この地震で、幾つかのビルが崩れ落ち、死者は17人、負傷者285人、と大変悲惨な状況を生んだ。多くの現地住民は家が倒れ、眷属と離れ離れになり、骨を刺すような冷たく寒い風と雨の中、帰る家を失った人々は臨時避難所に身を寄せた。被災住民は身心共に大きな傷を負い、どうする事も出来ず、その表情からはショックと恐怖、そして疲労が滲みでて、いち早く救助されるのを望んだ。

リンチェンドルジェ・リンポチェは大変胸を痛められ、現在苗栗にて仏寺を建築中で莫大な費用が掛かるにも関わらず、被災住民が苦しい思いをしていて、それが今最も重要で事態は迫切していると考えられ、率先して個人で300万元(台湾元、以下同じ)、自身が経営している寶吉祥グループから100万元、それと同時に直貢チェツァン法王財団から100万元の義援金を寄付され、一刻も早く花蓮の被災住民が本来の生活を取り戻せるよう心から望まれた。 続きを読む »

2018 年 02 月 12 日 更新

佛陀の足跡を追って~インド舎衛城巡礼の旅

2017年11月7日、リンチェンドルジェ・リンポチェは、直貢チェツァン法王の言いつけに応え、寶吉祥の弟子535名を引き連れインド舎衛城へ向かい、巡礼をした。敬しく法王の開示を聴く以外にも、もう2人の大修行者と、佛陀が説法されたと言われている場所、祇樹給孤独園にて燈供祈願を行った。この意義は非凡であり、至心感恩だ。6日間の日程が殊勝円満であった。 続きを読む »

2017 年 11 月 27 日 更新

【ヨーロッパ弘法】ラトビア|ハンガリー法会巡礼紀行

2017年8月25日から9月3日まで、リンチェンドルジェ・リンポチェは根本上師直貢チェツァン法王の指示に従い、寶吉祥の弟子を連れてラトビア、ハンガリーへ向かい、法王が主法される法会及び巡礼に参列された。法会は殊勝円満に終わり、無数の衆生に利益した。 続きを読む »

2017 年 09 月 13 日 更新

開催予告・お知らせ:尊きリンチェドルジェ・リンポチェは2017年秋、台湾で「チベット仏教直貢噶舉派阿弥陀仏無遮大超度法会」を主催

寶吉祥仏法センターの住持上師─尊きリンチェンドルジェ・リンポチェは、来る2017年10月1日に台北世貿センター南港展覧館で第13回目の「チベット仏教直貢噶舉派阿弥陀仏無遮大超度法会」を主催され、すべての有情衆生に利益します。法会の参列人数は25,000人を予定され、台湾では最大規模の法会に成ります。
続きを読む »

2017 年 06 月 09 日 更新

尊きリンチェンドルジェ・リンポチェは仏寺建立計画を説明するため、苗栗県政府を自ら訪問。当県政府から歓迎の意を表明。

尊きリンチェンドルジェ・リンポチェは基金会のメンバーを率いて、寶吉祥仏寺の計画内容と未来のビジョンについて、苗栗県首長等の人員と意見を交換しました。徐耀昌県長はリンポチェの仏寺が建立される願力を讃嘆し、その上、全力で協力することを承諾します。

続きを読む »

2017 年 03 月 03 日 更新

尊勝なるチェツァン法王が執り行い、仏寺の起工式は吉祥、円満に

2016年11月7日、尊勝なるチェツァン法王は台湾苗栗にある仏寺の建築予定地に光臨し、自ら起工式を執り行い、リンチェンドルジェ・リンポチェを率いて地祇母の儀軌と煙供を修持し、起工式は吉祥、円満に終了しました。 続きを読む »

2016 年 12 月 02 日 更新

尊き金剛上師リンチェンドルジェ・リンポチェがブータンで殊勝な「阿弥陀仏、観音菩薩、蓮師三合一法」、「長寿仏灌頂・修法」及び「火供」を主法、法会が円満に終了。

2016年6月20~22日、尊きリンチェンドルジェ・リンポチェは、初めてブータンのDorji家及び衆生の懇切な要請に応じ、ブータンに行き、殊勝な「阿弥陀仏、観音菩薩、蓮師三合一法」、「長寿仏灌頂・修法」及び「火供」法会を主法しました。 続きを読む »

2016 年 07 月 12 日 更新

昔の記事 »