お知らせ

日本温泉寺法会最新報導

尊きリンチェンドルジェ・リンポチェは2019年5月17日豊岡市城崎町湯島の温泉寺において殊勝なる法会を主法なさった。日本のメディア(每日新聞)は5月18日、リンポチェ弘法の最新ニュースを報道した。

          新聞記事:每日新聞

温泉寺縁起( 城崎町指定文化財 )
末代山温泉寺の山号・寺号は、聖武天皇より「城崎温泉の守護寺」として賜わったもので、以来約千三百年の間、城崎温泉とその入湯客を見守る山陰の名刹です。

以下は掲載された新聞記事

チベット仏教高僧 法会
豊岡‧温泉寺 地元住民ら参列

台湾を拠点にチベット仏教を広める高僧、リンチェンドルジェ・リンポチェ師の特別法会が17日、豊岡市城崎町湯島の温泉寺(小川祐章住職)であり、地元住民や台湾の信者らが参列した。

33年ごとに開帳される本尊十一面観音立像(重文)が開帳された昨春、師が同寺を参拝した縁で実現した。

リンポチェ師は「多くの方に徳を与えるために来た。観音様を信仰する人々に幸福が来る。本日お参りの方は徳を頂いている」と説いた。

取材には「仏法の基礎の顕教の勉強ができていないと、衆生(人々)を助ける密教の修行もできない」と語った。

写真:特別法会を行なうリンチェンドルジェ・リンポチェ師 豊岡市城崎町湯島の温泉寺で



チベット仏教直貢噶舉派ナンジュ・ケンポスは、尊きリンチェンドルジェ・リンポチェが温泉寺で主法なさった殊勝法会に雲南から特別に参加なされた。

法会後ケンポスのお言葉:

リンポチェというこの称号は大きな宝、貴重な宝という意味だ。一般人が用いるものではない。チベットの多くの寺にあるが、果位、次第が異なる。荘厳経内には六種の貴重なものがある。それは「稀有、力量、威力、殊勝、最善、最殊勝」だ。なぜ貴重なのか?それはなかなか出逢えず、目にできず、耳にできないのが、真の証果のリンポチェだからだ。なぜリンポチェと呼ぶのか?修行し、慈悲心があり、菩提心がある。このような無上の果を成就しなければ、この尊称を用いることはできない。

この二日間、法会前後に徵兆、瑞相がみられた。昨日は法会準備時に日暈が現れ、今日法会が終了し、我々は先ほど路上で月暈を目にした。これは修行大成就者にとってはそれほど特別なことではない。だが、我々凡夫にとっては非常に不可思議だ。大修行者は既に成就しているので、世間の福報は自然に思うままにかなうのだ。リンポチェという果位を得ている人は多くない。非常に殊勝だ。そのため台湾でであろうと、海外でであろうと、私は少なくないリンポチェの法会に参加している。欧州、チベット、さらには別の場所でなど、毎回このように非常に殊勝なる現象、瑞相が起きる。これは、我々のリンポチェが既にこの成果、成就に達しているということを示している。これは我々凡夫に、つまり未だ不退転の硬い信心がない凡夫に見せて、信じさせようとするものだ。一度だけではない、毎回必ず起きる。

今日の法会は我々これら弟子だけがお迎えしているのではない。これは仏菩薩、天人、衆生がリンポチェをお迎えし、リンポチェの講法、説法を聞いているので、祥瑞を示す虹、瑞雪等が現れたのだ。リンポチェの不可思議な修行の功徳が無量で、とてつもなく大きく、三界の威力を攝受したことを示している。

こちらの温泉寺の住持、家族は皆そろってリンポチェに非常に恭敬だ。リンポチェの、このような修行の面相面容、慈悲威儀を目にすれば、自然に恭敬になるものだ。表面的な恭敬ではない。心からの恭敬だ。出現したこれらすべての瑞相は、我々凡夫に見せ、信じさせるものだ。これにて私の言葉を終わります。皆さんの幸福をお祈りします。

2019年5月16日、法会準備時の日暈 2019年5月17日、法会が円満となった時の月暈




日本信者は法会を参加した後、喜んで自分のブログで記事を書きました。内容は以下です。

ブログのURL:
https://blog.goo.ne.jp/seigo1212/e/b79b63b16018f0d68c260c4e88e31442

今日はチベット仏教高僧リンチェンドルジェ.リンポチェ来日記念特別法会が温泉寺本堂にて特別法会が行われました。

私達寺役員は朝一番のロープウェイで温泉寺本堂に上がりましたが舞台は準備万端前日から30名以上の弟子の皆さんが準備され昨夜も法会が行われていたようです。
(図1)
(図2)
(図3)
今朝は近くの駐車場には大型バスが2台、地元台湾の信者さんが80名ほど来られました。

大変なことです。

想像以上の様相です。

我々寺役員や婦人部の皆さんは参拝者の誘導程度の奉仕です。

法会会場の本堂に入るには入り口で神聖な水を左手でいただき飲み干します。

会場には申し込んでいる人しか入れません。

台湾からの信者の皆さんは本堂外のテントでお参ります。

一般参列者は本坊庫裏前などでお参りです。

午前2時間、昼食はさんで午後2時間の法会ですね☺️

日本人は無線イヤホンを頂き日本語で通訳が解説頂きます。

まあすごいことです。

寺役員や婦人会代表、青年部代表は色々ご利益のある儀式に参加させていただき感謝です。

ありがとうございました。

素晴らしい経験をさせていただきました。

ありがとうございました。

沢山の御利益いただきました。

ではでは

2019 年 05 月 22 日 更新