お知らせ

花蓮震災におけるリンチェンドルジェ・リンポチェの寄付に対して衛福部部長から感謝状が贈呈されました

尊いリンチェンドルジェ・リンポチェの花蓮地震に対する寄付に感謝するため、行政院衛福部は2018年6月29日に行われた「衛生福利部0206花蓮震災専用寄付感謝状贈呈式」へのリンチェンドルジェ・リンポチェの出席を要請しました。


2018年2月6日花蓮で震度7の浅層地震が発生し、数棟のビルが倒壊、多くの住居、橋梁に亀裂が入り、人命と財産に深刻な損害を及ぼしました。尊いリンチェンドルジェ・リンポチェはこの事態と衆生の受難を心から哀れに思い、花蓮の被災者が一日も早く日常の暮らしが取り戻せるようにと、総額500万元を寄付なさいました。

被災者への今後の医療支援、心理カウンセリング、生活と社会の復興に必要な費用として、尊いリンチェンドルジェ・リンポチェの花蓮地震に対する寄付に感謝するため、行政院衛福部は2018年6月29日に行われた「衛生福利部0206花蓮震災専用寄付感謝状贈呈式」にリンチェンドルジェ・リンポチェの出席を要請しました。

今回感謝状を受けた団体と個人は約50人でした。リンチェンドルジェ・リンポチェの代理として国父紀念館の林国章館長が出席し、衛福部陳時中部長から感謝状が贈呈され、花蓮震災に対するリンチェンドルジェ・リンポチェの寄付活動への協力に感謝が示されました。

国父紀念館林国章館長(右)はリンチェンドルジェ・リンポチェの代理として、衛福部陳時中部長(左)から感謝状を受け取った

衛福部陳時中部長(左)が感謝状を贈呈

「衛生福利部0206花蓮震災専用寄付感謝状贈呈式」に出席した団体と個人

衛生福利部贈呈の感謝状「リンチェンドルジェ・リンポチェ 花蓮震災寄付への協力に感謝します」

関連ニュースのリンク

2018 年 06 月 29 日 更新