舍衛城再訪——法王の寺院開光式典に参列のフォトギャラリー

2018年10月29日から11月4日まで、寶吉祥の弟子は幸運にも、尊勝なる直貢チェ・ツァン法王、尊きリンチェンドルジェ・リンポチェの仏法開示を拝聴でき、また二人の大修行者に従い、祇樹給孤独園へ赴き、仏陀安居処にて求生極楽浄土文を唱誦することができた。新しい寺の大殿内で、リンポチェは自ら弟子を率い六字大明咒を持誦しながら繞仏なさった。祇園の大菩提樹下で、リンポチェは弟子を率い坐禅を組み、あたかも済度した衆生に仏陀が法音を宣流なさった当時のようだった。多くの者達がリンポチェに従い仏陀の足跡を追いながら、上師の心遣いを感じ、遍く満ちる上師の慈悲加持力を改めて知った。

2018 年 11 月 20 日 更新