2011年8月14日「チベット仏教直貢噶舉派阿弥陀仏無遮大超度法会」

尊きリンチェンドルジェ・リンポチェは、2011年08月14日に台北世界貿易センターの南港展覧館で、殊勝な第七回「チベット仏教直貢噶舉教派阿弥陀仏無遮大超度法会」を主催し、法会が円満に終了した。2万2千人を上回った人数がこの法会に参加して、ゲルク派のリンポチェ、ゲシェ及びラマ、直貢噶舉教派ガムポ、ラマなど7人のチベット仏教出家衆を含み、比丘18人、比丘尼53人、及びインド、中国、日本、フランス、オランダ、イギリス、米国、ベトナム、インドネシア、香港など世界各地から参加しに来た信衆をも含んだ。中華民国総統(大統領)の馬英九様と総統府の秘書長(事務総長)の伍錦霖様は、別々にスタンド花を贈って、「功徳円満」を題辞して、尊きリンチェンドルジェ・リンポチェが主法する「第七屆チベット仏教直貢噶舉教派阿弥陀仏無遮大超度法会」大法会が円満で殊勝で成功し、及び功徳が無辺の衆生に広く被ることを祝福する。

2011 年 09 月 07 日 更新