お知らせ

2007年 5月から7月のあいだ、チェツァン法王は特別に リンチェンドルジェ・リンポチェに対し、祖師 ミラレパ尊者が当年閉関修行を行われた聖地──ネパールのラキ雪山に赴き、 法王の指導のもと閉関修行を三ヶ月間行うよう指導されました。リンポチェが閉関の修行を円満に終えた後、法王は 殊勝な法号「リンチェンドルジェリンポチェ」を与えました。この意味は「宝金剛リンポチェ」で、法名の由来は チェツァン法王が自ら伝えたもので、無上の栄光と尊重をあらわしています。「リンチェン」は無数の宝物のエッセンスを意味し、「ドルジェ」は金剛を代表します。「リンチェンドルジェ」とはすなわち宝金剛のことで、衆生の利益と仏法事業の心が金剛のように強固で永遠に変わることはなくことを示しています。今回の閉関修行の本尊は喜金剛で、マルバ大師が成就した法で、教派のなかにすでに2、3百年にわたって伝承されておらず、チェツァン法王が3、4年をかけて収集整理し、自ら リンポチェに伝承しました。今回の閉関修行にはもう一つの特殊な意義があります。それは教派の歴史のなかで リンチェンドルジェ・リンポチェが 法王に追随してはじめて閉関修行を行い喜金剛の本尊となった リンポチェとなったということです。

今回の閉関の場所は橋も道もなく、水道も電気も通っていない人煙の稀な場所で、ヘリコプターを使って初めて到達できる海抜4500メートルの山中にあります。現地は夏の6、7月のあいだも寒く、頻繁に雪や雹が降り、地上の水分さえ凍ってしまいます。また閉関修行の期間中は部屋を出てはならず、また話をしたり人と会ったりしてもならず、顔を洗ったりひげをそることもできません。このような厳しい環境の中で閉じこめられルことで欲望がきわめて低くなるため、はじめて欲望を持たない大修行者になりえるのです。一般 リンポチェにはできることではなく、 リンチェンドルジェ・リンポチェは無私の慈悲の願力を以って、毎回の閉関と同じように死を覚悟して修行に臨み、三ヶ月連続して絶え間なく精進しました。毎日夜明けの4、5時には学習が始まり、夜の10時にようやく休むことができます。リンポチェはかつて、閉関期間は毎日起床すると鳥の鳴き声が聞こえ、まるで リンポチェに起床を呼びかけているようだ、と語ったことがあります。出関後にはもう鳥の鳴き声は聞こえなかったというのです。リンポチェが閉関の修行を円満に終えたことは、 法王に随行しているラマに絶賛されたほか、同時に 竹旺リンポチェが言うところの:「リンチェンドルジェ・リンポチェは稀に見る大根契修行者だ」という言葉を立証するものでした。このたびの閉関も リンポチェは円満に終え、同時に リンポチェのS字型の脊椎の側湾もまっすぐになりました。

今回の閉関のプロセスで、リンチェンドルジェ・リンポチェの心拍は一度は100を下回り、呼吸の停止したが、突然意識を取り戻しました。生命が危機にさらされるなかでもリンポチェは自分の安全を省みることなく、それどころか護法と本尊に「もし私の身体が衆生に何ら役に立たず、何の利益ももたらさないのであれば、どうぞ私をお連れください。もしまだ衆生の役に立ち、何らかの利益を生むのであれば、私を残してください」と祈りました。言葉を禁じられた閉関のプロセスにおいて、リンポチェは外部に助けを求めることなく、さらに自分のために修法することもなく、引き続き閉関し安全にこれを乗り越えました。リンポチェが衆生の利益を願う力が諸仏菩薩の加持を得たといっても過言ではありません。法王の侍従のラマによると 法王は閉関が円満に終わった後「リンチェンドルジェリンポチェが多くのよい行いをし、多くの無数の衆生に利益を図り、衆生が輪廻の苦しみの海から脱することを助けたため、魔宮から妬み恨まれた。だから、今回この関を閉じねばならなかった。さもなければ、リンポチェは2007年6月に生命すら失っていたであろう」と語ったといいます。リンポチェは閉関のなかで、一度六道衆生が輪迴の時に受ける苦しみを見たため、その悲しさのため1時間にもわたって慟哭したといっています。この種の形容しがたい苦しみは、 法王が亥年の大法会で仰った「ミラレパ尊者はかつて、六道輪迴で衆生が受ける苦しみは創造だにできない。思い至っただけで恐ろしく、見るなどとんでもない」との言葉を彷彿とさせます。リンポチェが円満に終えて出てきたとき、 法王にこのプロセスを報告し、法王も リンポチェがすでに空性に到達したことを認めました。

閉関が円満に終わった後、法王は リンチェンドルジェ・リンポチェを連れて三日間の火の修行を行い、これが円満に終わったとき、リンポチェは泥濘の地面で大礼拝を行いました。 法王の教えに対し、礼をいただき感謝し、毎回の出関時と同じように閉関終了後に功徳を法王に捧げました。。尊き チェツァン法王は 4年前から今回の閉関の準備を始めました。このなかには 法王の関房わきに リンチェンドルジェ・リンポチェの関房を建てること、および飲食の準備などです。極めて珍しいことに、今回の閉関は 法王が リンチェンドルジェリ・ンポチェを率いて、弟子と二人で同じ時間、それぞれ隣り合った二つの異なる関房で閉関を行ったことです。閉関期間中の飲食も、 法王の指示に従い、 法王の侍者のラマが準備しました。法王はさらに リンチェンドルジェ・リンポチェの閉関期間の修持について 法王の修持を同じく本尊とするよう指示されました。そのような指示のもと、 法王は リンチェンドルジェ・リンポチェにケアーと重視を見せ、さらに 法王の リンチェンドルジェ・リンポチェの大いなる功徳と大いなる願力、そして大いなる成就に対する評価を示しました。そして 法王と リンポチェは互いに心から敬いあい、親密にして不可分な師弟関係を確認しあいました。それは、2006年8月 法王がインドで示された「 リンチェンドルジェ・リンポチェの事業が衆生に大いなる利益をもたらすことを信じている。私たちは永遠にともに仏法の大道の上で素性に利益を与えることができるものと確信している」という言葉の通りなのです。《直貢噶舉教派オフィシャルサイトに関連の報道》《関連写真

2007 年 08 月 15 日 更新