2008年に尊き チェツァン法王は台湾に訪問され

尊き直貢噶舉第37世 チェツァン法王猊下は、2008年5月6日再度台湾を訪問、台湾の直貢噶舉各弘法センターの住持リンポチェ、ガムポ、ラマ及び帰依弟子達が多数空港に迎えました。寶吉祥仏法センターは、リンチェンドルジェ・リンポチェの指示の下で、625名の弟子を動員し、空港まで法王猊下を迎えました。空港に出迎えた人数は、約700名になり、盛大で丁重な規模でした。

リンチェンドルジェ・リンポチェは5月18日特に寶吉祥仏法センターの道場で、「台湾直貢噶舉の弟子 謹んで第37世チェツァン法王猊下を迎える茶会」を開き、直貢噶舉教派台湾各センターのリンポチェ、ガムポ、ラマ及び帰依弟子達が参加、法王猊下は皆を慈しんで御参加なされたので、リンチェンドルジェ・リンポチェは台湾各センターのリンポチェ、ガムポ、ラマ及び帰依弟子達を代表して、法王猊下に乞うて、この度の四川大地震とミャンマー台風の被害者の為に祈福法会を主宰していただきました。

リンチェンドルジェ・リンポチェはこの度特に台湾のニュースメディアを招き、チェツァン法王猊下の取材に応じました。5月11日中華テレビ局で放送した「点燈」番組のインタビューもその折の取材です。

2008 年 12 月 17 日 更新