尊き リンチェンドルジェ・リンポチェ の法会開示

2008年10月1日

  • リンチェンドルジェ・リンポチェは寶吉祥寶石会社で、信眾のためにこの世の一切の苦しみを解き、仏法を開示。

2008年10月5日

  • リンチェンドルジェ・リンポチェは道場にて共修法会を主催。「観想」が「知見」を捨てられると開示、仏法を学びに極めて重要です。また、「戒定慧」が「観想」の基礎です。そして、リンチェンドルジェ・リンポチェは「浄土」の意義を開示。

2008年10月7日

  • リンチェンドルジェ・リンポチェは寶吉祥寶石会社で、信眾のためにこの世の一切の苦しみを解決し、仏法を開示。リンチェンドルジェ・リンポチェは弟子の請求を受け入れて、一日前に亡くなったばかり父親にポア法を執り行い。円満に執り行った後、亡者遺体は梵穴が暖かさを保ち、全身柔軟。法本に記載されたいろいろな瑞相が現れる。さらに、リンチェンドルジェ・リンポチェは癌に罹って弟子を加持されました。そして、近日中に往生と開示。この弟子はやはり翌日の朝に往生し、その上に、二時間以内に慈悲なリンチェンドルジェ・リンポチェからポア法を執り行った。リンチェンドルジェ・リンポチェはある人が彼女の足に動くために亡者の瞋恚が起きたと話し、この家族はあるお医者さんがかつて亡者の腫れる足を触れたことを実証されました。リンチェンドルジェ・リンポチェは亡者の側にいないけれども、しかし、亡者の心の中の罣礙が非常に明瞭。

2008年10月8日

  • リンチェンドルジェ・リンポチェは寶吉祥寶石会社で、信眾のためにこの世の一切の苦しみを解き、仏法を開示。

2008年10月11日

  • リンチェンドルジェ・リンポチェは寶吉祥寶石会社で、信眾のためにこの世の一切の苦しみを解き、仏法を開示。

2008年10月12日

  • リンチェンドルジェ・リンポチェは道場で共修法会を主催、供養の「質」が非常に重要と開示。供養が自我を捨てるの訓練です、このように解脱ができる。また、リンチェンドルジェ・リンポチェは殊勝な上師供養法を執り行って、弟子と信衆のために、上師及び仏菩薩と深厚な縁を結び。

2008年10月19日

  • リンチェンドルジェ・リンポチェはは今日帰国して休んでいないですぐに空港から道場に駆けつけて共修法会を主催。「仏子行37頌」の中に、在家修行に対して極めて重要な二偈により(第四偈と第三十五偈)、出離心を養いと智慧を修行と悩みを断りの法門を開示。同時に、往生した弟子がリンチェンドルジェ・リンポチェからポア法を執り行った後で、頭蓋骨が丸い穴の殊勝な瑞相が現れて、ポア法の不思議な力を開示。

2008年10月21日

  • リンチェンドルジェ・リンポチェは寶吉祥寶石会社で、信眾のためにこの世の一切の苦しみを解き、仏法を開示。

2008年10月22日

  • リンチェンドルジェ・リンポチェは寶吉祥寶石会社で、信眾のためにこの世の一切の苦しみを解き、仏法を開示。

2008年10月25日

  • リンチェンドルジェ・リンポチェは寶吉祥寶石会社で、信眾のためにこの世の一切の苦しみを解き、仏法を開示。

2008年10月26日

  • リンチェンドルジェ・リンポチェは道場にて共修法会を主催。仏法を学びに対して伝承の重要、また、直貢噶舉教派法脈伝承上師の事跡及び歴程と開示、その上に、伝承を尊敬し、三宝を恭敬することが仏教を修行する重要な基礎と特別な開示。

2008年10月28日

  • リンチェンドルジェ・リンポチェは寶吉祥寶石会社で、信眾のためにこの世の一切の苦しみを解き、仏法を開示。

2008年10月29日

  • リンチェンドルジェ・リンポチェは寶吉祥寶石会社で、信眾のためにこの世の一切の苦しみを解き、仏法を開示。

2008年10月31日

  • リンチェンドルジェ・リンポチェは道場にて施身法会を主催。リンチェンドルジェ・リンポチェは殊勝な施身法を執り行い、そして、正確の供養心の重要性を開示。

2009 年 01 月 21 日 更新