尊き リンチェンドルジェ・リンポチェ の法会開示

2008年9月2日

  • リンチェンドルジェ・リンポチェは寶吉祥寶石会社で、信眾のためにこの世の一切の苦しみを解き、仏法を開示。

2008年9月3日

  • リンチェンドルジェ・リンポチェは寶吉祥寶石会社で、信眾のためにこの世の一切の苦しみを解き、仏法を開示。

2008年9月7日

  • 道場共修法会。弟子は恭しく仏法テープを聞きました。テープの内容はリンチェンドルジェ・リンポチェが2001年11月11日に開示した「菩提心」です。菩提心がなければ仏法がない、さらに、願菩提心及び行菩提心の意義を開示。また、懺悔心、感恩心及び慈悲心の重要性を開示。

2008年9月9日

  • リンチェンドルジェ・リンポチェは寶吉祥寶石会社で、信眾のためにこの世の一切の苦しみを解き、仏法を開示。

2008年9月10日

  • リンチェンドルジェ・リンポチェは寶吉祥寶石会社で、信眾のためにこの世の一切の苦しみを解き、仏法を開示。

2008年9月13日

  • 台湾がシンラコウ(SINLAKU)台風に襲われた時に、リンチェンドルジェ・リンポチェは寶吉祥寶石会社で、信眾のためにこの世の一切の苦しみを解き、仏法を開示。

2008年9月14日

  • 台湾がシンラコウ(SINLAKU)台風に襲われた時に、リンチェンドルジェ・リンポチェは依然として共修法会を主催し、また、大天災に、仏教法会を執り行って、衆生にとても助けがあり、功徳が大きいと開示されました。リンチェンドルジェ・リンポチェは如何に福徳因縁を養成されて、十善法を修行してから、浄土に往って生まれます。特別に「至誠の懺悔」は極めて大切です。そして、リンチェンドルジェ・リンポチェは「阿弥陀仏静坐法」が浄土法門の重要な一部分であるを開示。

2008年9月16日

  • リンチェンドルジェ・リンポチェは寶吉祥寶石会社で、信眾のためにこの世の一切の苦しみを解き、仏法を開示。

2008年9月17日

  • リンチェンドルジェ・リンポチェは寶吉祥寶石会社で、信眾のためにこの世の一切の苦しみを解き、仏法を開示。

2008年9月23日

  • リンチェンドルジェ・リンポチェは寶吉祥寶石会社で、信眾のためにこの世の一切の苦しみを解き、仏法を開示。

2008年9月24日

  • リンチェンドルジェ・リンポチェは寶吉祥寶石会社で、信眾のためにこの世の一切の苦しみを解き、仏法を開示。

2008年9月27日

  • リンチェンドルジェ・リンポチェは寶吉祥寶石会社で、信眾のためにこの世の一切の苦しみを解き、仏法を開示。

2008年9月28日

  • 非常に強いチャンミー(JANGMI)台風に襲われて、狂風驟雨の間に、リンポチェは依然として共修法会を主催し、皆は衆生を利益させられる心により法会を参加しと開示。リンポチェは金剛薩埵を執り行い、衆生のためにを祈り、そして、上師を依止して、持戒修善の重要性と開示。後で、「観想」の意義を開示。

2008年9月30日

  • リンチェンドルジェ・リンポチェは寶吉祥寶石会社で、信眾のためにこの世の一切の苦しみを解き、仏法を開示。

2009 年 01 月 21 日 更新