尊き リンチェンドルジェ・リンポチェ の法会開示

2008年6月29日

  • リンチェンドルジェ・リンポチェは帰国すると、昼食も取らず、ひと時も休むことなく直ちに道場に戻り、共修法会を主催しました。悪天候のためにフライトに遅れが出て、法会が遅れたのは初めてのことでした。リンチェンドルジェ・リンポチェは今回の事件を以って、人生の無常を開示されました、そして、「福」と「慧」及び「廻向」が仏法の学習と修行にとっての重要性を開示されました

2009 年 01 月 21 日 更新