2012年8月26日「チベット仏教直貢噶舉派阿弥陀仏無遮大超度法会」

尊きリンチェンドルジェ・リンポチェは台北世貿センター南港展覧館で第8回目に殊勝な「チベット仏教直貢噶舉派阿弥陀仏無遮大超度法会」を主催した。今回の法会には、チベット仏教直貢噶舉派ケンポス、ラマ僧、ニンマ派のオンガパ、ラマ僧、ゲル派のゲシェ、ラマ僧は合計六人、及び顯教出家衆は30人も参加した。その他、アメリカ、カナタ、フランス、ドイツ、オランダ、南アフリカ、インド、インドネシア、フィリッピン、ベトナム、マレーシア、シンガポール、香港、マカオ、中国、日本及び台湾の弟子と信者を含んで、法会に参加した人数は21500人に達した。顕密四衆は具えて、共同にこの殊勝な大超度法会に参加した。中華民国総統(大統領)の馬英九様は特にスタンド花を贈って、「功徳円満」を題辞して、リンチェンドルジェ・リンポチェは主法する「第八屆チベット仏教直貢噶舉派阿弥陀仏無遮大超度法会」が円満で殊勝になって、及び功徳が無辺の衆生に広く被ることを祈願された。

2012 年 09 月 10 日 更新