2011年6月25日、チベット仏教直貢噶舉派祖師ジッテン・サムゴン794年記念大法会

2010年6月6日に、尊勝なる直貢チェツァン法王はその弟子の尊きリンチェンドルジェ・リンポチェが主持する「寶吉祥仏法センター」が、直貢噶舉派尊勝なる直貢チェツァン法王が台湾台北アリーナで主法される1萬4千人の「ジッテン・サムゴン793年記念日大法会」を開催することを協力するように命じた。この伝統と伝承を続けるため、尊きリンチェンドルジェ・リンポチェは特に今年初めに自ら、ニュージーランドへ尊勝なる直貢チェツァン法王に謁見しに行って、この記念大法会を引き続き開催することを願い求めた。

尊勝なる直貢チェツァン法王の許可をいただき、尊きリンチェンドルジェ・リンポチェは2011年6月25日に台北市信義区「台北国際会議センター」で、3千2百人が参加する祖師ジッテン・サムゴン記念大法会を開催し、そして自ら主法し、法会が円満に終了した。リンチェンドルジェ・リンポチェは法会が円満に終了した後、信衆がリンチェンドルジェ・リンポチェに供養した216万余り台湾ドルの供養金を、内政部、銀行代表、弁護士を招いて立会いして頂き、全額内政部に寄付して、公益慈善と急難救助に使用する。

2011 年 07 月 19 日 更新